ボーディングスクールに通う意味

  • 小学生からのボーディングスクール入学のメリット

    • グロ−バル社会が進むにつれて、海外留学の低年齢化に拍車がかかっています。



      最近では小学生のうちから海外のボ−ディングスク−ルに入れて、海外留学を経験させたいと考えている家庭も少しずつ増えてきました。

      小学生をひとりで海外に留学させるなんてちょっと早すぎるのではないかというイメ−ジを持つ人もいるかもしれませんが、実は小学生の留学には多くのメリットがあります。
      ボーディングスクールはイギリスが発祥地である全寮制の私立の学校ですが、生徒ひとりひとりの個性を尊重する行き届いたケアが行われています。

      そのためにひとクラスは少人数制となり、日本の学校では経験ができないようなユニ−クな授業を取り入れているところもあります。

      OKWaveがどんなものかご存知ですか。

      ボーディングスクールは将来名門大学への進学を視野に入れているため入学時にはそれなりの英語力が問われます。


      年齢によってその合格基準が異なるので低年齢である小学生は、高校生に比べずっと基準が易しくなるというメリットがあります。



      また、ボーディングスクールでは勉強以外でも課外活動やボラティアなどの活動もあるので、小学生のうちに異文化に肌で触れる貴重な経験ができるはずです。
      この年齢ならば英語を習得することも大人に比べ早いですし、柔軟性がある分、文化の違いを受け入れるのもそう難しいことではないでしょう。
      短期間のプログラムを組んでいるボーディングスクールもあるので、まずはお試しに夏休みなどを利用して短期留学からやってみるという人もたくさんいます。